GR006696


少し間が空きましたが、
ゴールデンウィークは山中湖のホトリニテで開発合宿をしてきました。

・ホトリニテ
http://www.jalan.net/yad396169/

昔からの友人ナオくんがオーナーの宿なので、
時間帯や価格なども融通聞かせてくれて、
且つプロジェクターや電源ケーブルやwifiなども全部用意してくれました。

スタートアップで開発合宿など行う方がいらっしゃいましたら、
紹介しますので是非。 


で、開発合宿をして良かった事を少し整理します。

--------------
1.開発に集中できる。ものすごく進む
当たり前ではありますが、開発はすごく進みます。
開発以外やる事無いので一気に進みます。

2.全員が集まれるというのはメリットが大きい。
おそらくスタートアップは弊社と同様、
フルコミットメンバーと休みの時に手伝ってもらっているメンバーの
混在になる事が多いと思います。

その場合、フルコミットメンバーと手伝ってくれてるメンバーで
情報が違っていたり、開発環境整えるのに時間かかったりするので、
一緒に全員が集まれるというのはメリットが大きいな、と。

3.息抜きにもなる
スタートアップは当たり前ですが、普段遊ばずに仕事ばっかりしています。
社員旅行なんかももってのほかなので、
少し遠い所行くだけで
「サービスエリアって旅行っぽくて良いですね!」
とかそれだけで楽しかったりします。
--------------

2にも書きましたが、弊社の場合、
フルコミットメンバーと休日/夜間に手伝ってもらっているメンバー含めて
10名程度で開発しています。
(年始には自分1人だったので、個人的にはこれだけで感動、、、)

Qiitaチームでドキュメントをなるべく残したり、
Hipchat使ってライトなコミュニケーションをしたり、
Bitbacket(gitのAtlassian版)で細かいissue切って運用したり
色々やってますがやはり会ってコミュニケーション取るのは大事ですね。

 
GR006539
出発前にパシャリ。
朝早かったので1人死んでいます。


GR006558
ホトリニテ

GR006708
目の前は富士山ドーーン!

GR006570
居心地の良い休憩出来る場所があります。

GR006621
CTOがでかいスクリーンに映しだされている図。

GR006639
夜の風景。

GR006675
合宿終わりに乾杯。

GR006696
メンバーみんなと。

GR006699
真ん中がホトリニテオーナーのナオくん





で、最後に今後の予定を少し。


そろそろテストユーザーには触ってもらえるようになってきました。

--------------
1.周りの10名程度に使ってもらって電子書籍を出す
2.事前登録ユーザーにアカウント開放
3.基本機能で作れていない所を作りきったタイミングで
  約1万件あるアタックリストに営業/マーケティング開始。 
--------------

という感じで動きます。

中々、起業から苦しんだ事が多かったですが、
もう少しで本当のスタートラインに立てそうです。


お楽しみにっ! 



誰でも簡単に電子書籍が作れるサービス『WOODY』は事前登録中です↓
logo_google_M
 



<起業関連のその他の記事>
・[Facebook]サイバーエージェントを卒業/起業いたします
・[Facebook]仲間集め ※拡散希望
・[Facebook]3つ報告 ※拡散希望
・[Facebook]事前登録リリース / 離婚から312に至るまで